apriori_37g

小説とか、趣味とか、哲学

夏が始まって 2017.7.24

何十年もの歴史たちと向き合った後、自分が驚くほどに幼くて、泣きたくなるような恥ずかしさ、直面させられる自分の弱さに未だ勝てたことがない。
何十年もの歴史たちは何も宗教だとか芸術ではない。
私のそばにいる母、今は遠い父、いつまでも煙草をやめない上司。
何十年もの歴史を重ねてきた"人間"と対面することが恐ろしくて仕方ない時がある。
馬鹿笑いした後に襲ってくる、指を切ったような切なさ、なんで?と聞かれた時に全てを見透かされた気になって何も言えなくなる私は、人間に関わるほど、ジェンガの木が一つ一つ抜かれた気持ちになって、グラグラと崩れだしそうになる。
ハンバーガーを半分も食べられなかった私は、世界に否定された気持ちになって、真昼間の東海道線でボロボロ泣いた。
みんなが自ら進んで食べようともしない、添加物だらけのファストフードを食べられなかった自分が許せなかった。生きてちゃいけない気がした。

バスの運転手に疑われた朝帰り。母は気づかなかった嘘も、バスの運転手は気づいていたんだろう。

大勢の人間と騒いだ後の孤独は、自分の嫌なところが津波のように襲ってくる。これに耐えきれた試しがない。
私はここにいていいのかなんて思ったって、みんな「いいよ」って言ってくれる。沢山の人が私を許してくれる。みんな私を愛してくれている。何十年、何百年もの歴史たちと私は生きている。

たった18年の歴史をかかえた私も、いつかは30年、50年と歴史を重ねていくんだろう。私が愛した歴史は順に死んでいくんだろう。
私はどうしても、理解したくない。母が死ぬこと、父が死ぬこと、上司が死ぬこと。私が死ぬこと。

いくら本を読んだって、いくら勉強したって、偉くなんてなれなかった。

(2017年の夏に書いた文章を発掘しました。今の私と大して変わんなくてワロタ)

もうあの歌が聴けなくなった。私の無実を証明する東海道線午前11時、目を閉じてずっと聴いてたロック・バンドの叫び声は、私の暴れる心臓と同期して動悸、すごいことになった。音楽が私のものになるということをあの日はじめて知った。私の愛すべき栗色の髪はあんたら馬鹿どもの世界じゃ異常らしい。くだらねぇ、百済ねぇ百済観音の助けもねぇ私の人生は人間様に殺されそう!私はお医者様に助けを請うたんです。百済観音は東京の高層ビルにいた。そこに着くまでの1時間、JR東海道線の5両目、動悸を連れてずっと目を閉じてた。ずっとロック・バンドの叫びを聴いては私にも叫ばせろ、怒鳴らせろ、ヤらせろと思ってた。
東京着いて、大きな百済観音の元へやってきた。百済観音は「平成にもなって、害悪が沢山いますね」と仰った。害悪とか言うんだ。
お墨付きの診断書貰って笑顔になって、二千円もする和食定食食って帰ってきた。まー百済ねぇですね。当たり前だと思うな。私を弱者にたらしめたのは百済ねぇ命授かってつまんねぇ価値観で毎日ゲロ吐いてるテメェらだよ。冷めた目して仕事してんじゃねぇよ。これで私の栗色の髪は地毛だと証明されたわけですが、だからなんだよ。土下座しろ。私が簡単に許すと思うなよ。お前が私を見るたびにごめんなさいって思って欲しいから、私絶対お前から離れない。ずっと隣にいてやるよ。なんでもしてやる。地獄まで着いてってやるよ。東海道線快速で地の地まで追っかける。お前が御免なさいって言ったら、まだまだですって頭ぶん殴ってやる。アホみたく笑って待ってろ

ボツ

今日も孤独に勝てない。
深夜一時十七分。本を捲っても何も頭に入ってこない。猫を撫でてもこちらを見ない。スマートフォンは明る過ぎる。
独りきりだということが何なのであろうか。
中国の万里の長城を思う。あの大きな城だって何年も孤独だったはずだ。
私は孤独に勝てない。
あの子だって孤独だと知っている。あの子だって血を流したと知っている。それでも私だけが底に落ちた気がする。
独りきりだということが何なのであろうか。他界した父を思う。あの人は永遠の孤独を手にしたのだ。
いつまでも孤独に勝てない。
貴方と繋ぐ手を離した交差点。友人たちと笑い合った後のシャワー。空を切るような海を眺めた時の肌寒さ。
独りきりだということが何なのであろうか。
私には愛する人がいるし、愛してくれる人もいる。私は幸せなはずだ。
古代ローマを思う。深海魚を思う。キリストを思う。高速道路を思う。
今にもみな孤独だと知っている。誰かが泣いていると知っている。誰かがテレビを消したと知っている。誰かが皿を割ったと知っている。誰かが死んでいると知っている。
私の幸福論は未だ完成しない。
三大幸福論を読んでも私はわからない。私の幸福論はラッセルなんかにわかるわけがない。
椎名林檎の歌う幸福論なんか少しも信じていない。私の幸福論は三分五十四秒で歌い切れる訳ない。

(ボツです。)

パパへ

私の父が誰かの父になる日が来た気がする。貴方のはじめての子供なので、私も分かります。私も大人になって、恥ずかしさとか、悲しさばかり先行して貴方と会うのが怖い。また会おうねっていう社交辞令がもう叶わないことに勘付いてきました。でも私は貴方を愛してます。幸せでいてください。

短歌・川柳 2

さいたま市から来たと隣で呟く少女は迷子の練習

恋人の背に父の面影見出して私は何を愛したい

電話越しチクチク途切れる君の声と思い出せない君の顔

祖母浮かぶ大きなキッチン朝のパン私が描いた春の花

貴方が泣いた夜 ワタシいつも笑ってるワタシ何でもしてあげる

アハハ春アンタに春はもう来ない私は春が大嫌いだし

愛猫の寝顔にキスして3000回季節はいくつ過ぎただろう

iPhoneを振り全部消しお前の頭振り全部消し

ディズニーの魔法にかかっていなくても私は貴方を愛してる

アイドルが出す小説にブチギレる

かじかむ手なら君の頬を触れそう正気で君をさらえそう

思わず手握ったら意識は宇宙に飛んでって私は地獄に落ちてった

背の低い君の目には何が映る私の心に何を見る

明けない夜は無いけれど明けない気持ちはずっとずっと残るから

最近日本が止まっている気がする

悲しいニュースばかり見る。それもありえないニュースばかり。

誰にも守られないアイドル、学校すら敵になる子供、法にも救われない女性、沢山悲しいニュースを見ては、「未だ私たち人間は道徳的で公正な判断ができないのか」と思う。

小さい頃は、日本が本当に素敵な国だと思っていた。大人を信じていたし、警察はかっこいいと思っていたし、むしろ早く大人になって仕事がしたいと思っていた。
でも今はそんなこと全く思わない。人間一人救わないまま時が進んでいるのが怖い。誰かが泣いたまま日本という国だけが発展していくのが怖い。
そしていつか、自分がそうなるかもしれない。いつか私が国に、社会に、法に、大人に見捨てられるかもしれない。もう見捨てられているかもしれない。

スマートフォンなんてかっこよく見えなくなった。どんなに素敵な夢をプロジェクションマッピングで映し出したって何も楽しく無い。美しく無い国に作られた虚構や電子は何一つとして美しく無いです。
自分が描いた絵が荒んで見える。恋人の顔が怖く見える。バラエティで笑えなくなる。親の態度が気に入らなくなる。

日本はいつからこうなったんですか。私が日本を愛していたあの幼少期から、もう日本は間違えていたのか。よく見えるようになっただけか。
お化粧がつまらなくなった。どんなに私が綺麗になっても日本は汚い。
掃除ももっと嫌いになった。部屋が汚くたってどうでもいい。

どうしたんだろう。私が感傷的になっているだけなのかもしれないけれど、報道されてるニュースは事実だし、今日も誰かが泣いているのは事実だし、明日誰かが殺されるのも事実だから。やっぱり私は生きることに耐えられない。自分に関係がないからってあまり知らんぷりできません。死んだほうがマシだと、安っぽい言葉しか出ないけれど、本当に死んだほうがマシなんだろう。

日本に希望を感じません。日本に時の流れを感じません。日本の好きなところは思いつきません。

創造の後頭部

先生が黒板消したべた。明日は遠足で、母は病院だった。わたしが何時も食べるスーパカップに日が差して午前10時、お布団の中で目が覚めました。今日もあの子のことがわからない。いつもなんで白の靴下を履いて学校へ向かうんだろう。私は毎朝ラジオ体操してるってのに、妹はきょうも金魚をながめてます。もっと大好きなのはこのネックレス!おばあちゃんがくれたけど、おばあちゃんの事しりません。富士山が今日も私を笑っている!頭がおかしい私をみんなが笑っている!それを見て私も毎日わらってます。大人になったら、もし大人になったら…机の上には今日もお弁当がない。学校に私の居場所はあります。でもいつも花瓶が置かれていて、椅子は窓ガラス割ってどっかに飛んでった。いつからか私はみんなが見えなくなった。鏡を見ても、わたしは写らなくなった。いつからだろう、カレーライスがいなくなったのはいつ?すきなひとが半田ごて使う横顔が大好きだったけど、今はもう地球に住んでいないらしい。走ってもゴールテープは燃えた。教室のチャイムが鳴ると同時に、みんなは私から目を逸らした。私は今日も晴れです!プールにはたくさんリンゴが浮いている。いつも、いつも私は私と私の歌を歌って、私を励ますけど、どうでしょうね。パパはいつも笑っている。パパは私のことよく知らないって言ってた。明日はクラスのみんなと遠足!みんなは東京に行くらしい。私はどこに行こうかな。